なぜ塗装するの?

Fotolia_70499897_Subscription_Monthly_M-960x639_R

塗り替えのタイミングっていつなの?
年月を経て汚れて貧相だから綺麗にする為?
このまま塗装しないと・・・

確かに住まいの塗装には、建物の見た目をキレイにし、見栄え良く好みの雰囲気作りをするなどの視覚的効果もあります。
しかし、実はもっと重要な目的があります。それは建物の防水機能・保護機能です。

家は、建てられた瞬間から強烈な紫外線や水分・地震や台風などの振動・酸性雨・大気汚染物質などによって、老朽化し続けています。やがて外壁の割れ・屋根瓦のずれ・鉄部の錆・木部の腐りなどの傷みがでてきます。
放置すれば外壁そのものが劣化してしまい、雨漏りをはじめとして家全体の劣化につながり、家の寿命を短くすることになります

一般的には外壁塗装の周期は10年とされています。以前の外壁塗装の工事から10年経過したら、外壁塗装を検討する時期です。
近年では、高性能の塗料が開発されています。高性能な塗料は15年~20年程度は外壁塗装をしなくても塗膜がしっかりと結びつき、外壁を風雨や紫外線から守ります。ただし、高性能な塗料になるほど高額です。費用対効果を考えて選択をするべきでしょう。

一見きれいにみえても実はボードの継ぎ目が劣化している事もあります。
家の中にこんなシミはありませんか?お家の危険信号です。すぐにご相談ください。
建物の悲鳴が聞こえます。こんな事になる前に定期的な点検とリニューアルをお勧めします。

塗り替えのサイン

塗装割れ⑯_R
塗装割れ⑯_R

クラック(ひび割れ)
コケ・藻
カビ
チョーキング現象
これらの現象が外壁に起きている場合、すでに塗料の塗膜が機能を果たせなくなっており、このまま放置すると外壁そのものにダメージが発生します。このような場合は塗り替えの時期と考えるといいでしょう。

上記のような症状が多く見られる場合は、ぜひ詳細に調査することをおすすめします。
長住建物では、お客様のお住まいの状況を詳しく調査し、建物維持に適切な工事タイミングの時期をご提案致します。

このまま放置しておくと

⑭_Re1

老朽化が顕著になってしまった後や下地まで痛んでしまってからでは、塗り替えする前に痛んだ部分の補修を施したりひどい場合には取替え等、塗り替え以外の工事が必要となり建替えよりは安価とは言え、大規模な補修になる分、費用もかかってしまうことになります。それよりは、適切なタイミングでこまめに手入れしてお家を健康な状態で長寿化させるほうが、明らかにお得なのです。

施工例 東京都台東区 I様邸

①施工前_R
①施工前_R
①施工前_R

4階建て
足場面積510㎡
施工内容
・足場工事
・外壁塗装工事
・シーリング打ち替え工事
・屋上防水
・ベランダ防水
・室内塗装

工事金額 300万円

施工例 埼玉県川口市 K様邸

②施工前_R
②施工前_R
②施工前_R

足場面積50㎡
施工内容
・外壁左官工事
・シーリング打ち替え工事
・足場工事

工事金額 90万円

※工事内容や規模により値段は変わりますので参考としてお考え下さい。